1.適用関係
1-1a.保険証を失くしたとき・き損したとき

保険証を失くした(滅失)とき・き損したときは、ただちに下記の書類に必要事項を記入し、提出してください。※外出時に失くした場合は必ず最寄りの警察署や交番に届け出てください。

滅失の場合の再発行には証1枚につき1,000円が必要となります。支払方法は銀行振込みとなり、渡辺パイプ(株)社員については給与控除(給与からの引き落とし)も可能です。
銀行振り込みの場合は、健保で申請書原本の受理及び入金を確認してからの発行となります。

 ■ 滅失した場合
提出書類等 「健康保険被保険者証(滅失・き損) 再交付申請書」 Excel / PDF
「同意書」(注)渡辺パイプ社員で給与引き落としを希望する者 PDF
費   用 1枚 1,000円
手続方法 【渡辺パイプ社員】
 給与引き落としの場合:申請書と同意書を記入し、原本を本社人事Gへ送付。
 銀行振り込みの場合:申請書原本を本社人事Gへ送ると共に健康保険組合の口座に入金。
【関連会社社員】
 申請書を記入し、事業主の証明をもらったら健康保険組合に送付するとともに、
 申請書に書かれた健康保険組合の口座に入金。
注意事項 銀行振り込みの場合は必ず被保険者名義で振込んでください。手数料は申請者負担です。
入金後や再発行後に滅失した保険証が見つかっても、再発行の取り消しはできません。この場合は、見つかった方の古い保険証を健康保険組合まで返却してください。

 ■ き損した場合
提出書類等 「健康保険被保険者証(滅失・き損) 再交付申請書」 Excel / PDF
き損した保険証原本
費   用 無 料
手続方法 【渡辺パイプ社員】
 本社人事G宛てに送付
【関連会社社員】
 事業主の証明をもらい、健康保険組合へ送付。


1-1b.健康保険 限度額適用認定証・高齢受給者証を失くしたとき

健康保険 限度額適用認定証、または高齢受給者証を紛失したときは、下記の書類を提出してください。
引き続き限度額適用認定証が必要な場合は、再度申請を行ってください。(>> 申請についてはこちら
高齢受給者証は届出の提出により、再交付します。

提出書類等 「健康保険 限度額適用認定証・高齢受給者証(再交付) 滅失届」    Excel / PDF
提 出 先 健康保険組合