特定健診・特定保健指導

特定健診・特定保健指導とは?

特定健診とは、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目して 特定の項目を検査する健康診査のことで、40歳以上75歳未満のすべての被保険者・被扶養者を対象に実施が義務付けられています。 また健診の結果より、対象者は生活習慣改善のための特定保健指導を受けることができます。

被保険者(従業員)・任意継続被保険者の方の場合

健康診断に特定健診項目を付加する形で実施されます。
受診方法等詳しくは本人(被保険者)の健康診断・人間ドックをご覧ください。

被扶養者の方の場合

健康診断に特定健診項目を付加する形で実施されます。
受診方法等詳しくは家族(被扶養者)の健康診断・人間ドックをご覧ください。

特定健診の検査項目

必須項目
  • 質問表
  • 身体測定(身長、体重、BMI、腹囲)
  • 理学的検査(身体診察)
  • 血圧測定
  • 血液検査(脂質、血糖、肝機能)
  • 尿検査(尿糖、尿蛋白)
医師が必要と認めた場合に
実施する詳細な項目
  • 心電図検査
  • 眼底検査
  • 貧血検査
  • 血清クレアチニン検査

特定保健指導対象者の判断基準

  • 65歳から75歳未満の方は、 判断基準結果が「積極的支援レべル」であっても「動機付け支援レベル」となります。
  • 2年連続して積極的支援に該当した場合、1年目の積極的支援を終了していて、かつ1年目に比べて2年目の状態が改善※していれば、2年目の特定保健指導は動機付け支援相当の支援でも可となります。
  • 糖尿病や高血圧症、脂質異常症の治療で薬を服用している人は特定保健指導の対象にはなりません。

特定保健指導の内容

特定保健指導は、対象者が健診結果から自らの健康状態を把握し、生活習慣改善のための行動目標を自ら設定・実施できるよう、医師、保健師等による個々人の特性やリスクに配慮した支援を行います。

動機付け支援 個別面接または、グループ支援を原則1回行い、対象者が自らの生活習慣を振り返り行動目標を立て行動に移し、その生活が継続できることを目指した支援。3~6ヶ月後に通信等(電話・eメール・ファックス・手紙等)を利用して評価を行います。
積極的支援 動機付け支援に加え、3ヶ月以上の定期的・継続的な支援(電話・eメール・ファックス・手紙等を利用)を行い、対象者が自らの生活習慣を振り返り行動目標を立て行動に移し、その生活が継続できることを目指した支援。3~6ヶ月後に通信等を利用して評価を行います。

マイナポータルで健診結果などが閲覧できるようになります

令和3年10月から、マイナポータル上で特定健診や事業主健診等の結果の閲覧が可能になります。

特定健診データの保険者間での情報提供を希望しない場合の申請について

オンライン資格確認システムを活用した場合に限り、本人の同意がなくても特定健診データの情報提供を旧保険者(以前加入していた健康保険組合等)に求めることができます。特定健診データの情報提供を希望しない場合は、申請することで差し止めることができます。ただし離職等で当健康保険組合を脱退し別の保険者へ異動する場合は、新たに加入される保険者宛てに「不同意申請書」を提出してください。